世田谷区 仮)駒沢こもれびプロジェクト 番外編


 駒澤大学は、なぜ駒沢大学駅から遠いのか?? のWebから拾ったお話。現在の田園都市線は玉川砂利電気鉄道~東急玉川線と明治時代から進化しながら続いている路線です。玉川線時代は渋谷から二子玉川まで19か所の駅(電停)がありました。これを現在の7駅にするのですから、その場所の決定には色々ありそうですよね。。ちなみに池尻大橋は、玉川線時代の池尻と大橋それぞれの駅(電停)の間だからだそうです。で、駒沢大学駅なのですが、国道246号線と交差する、「上馬(環七)」「真中(自由通り)」「駒沢(公園通り)」に駅(電停)がありました。そこに、仮称・駒沢公園駅が計画されたのですが、当初の設置場所は、駒沢電停付近となっていたそうです。そりゃ公園も大学も駒沢の方が近いですもんね。



 がしか~し、1969年2月28日に東急が世田谷区交通対策委員会に於いて発表した計画図面では、仮称・駒沢公園駅の設置場所は駒沢電停付近でなく、真中電停付近と変更されていたのです。どうやら、「駒沢って桜新町と近すぎじゃね??」って事らしいのですが、そりゃ皆さん怒ります。。え?って。。最終的には裁判までしますが、場所は変わらず。 妥協案?として、駅名は「駒沢大学駅」とすること、駒沢方面への地下通路を東急の負担で建設することなどという協定が結ばれて、駒沢大学駅は現在の場所に建設されることが決まったそうです。なるほど。。都市伝説的には、駒沢の西友(西武グループ)に有利な駅は東急は作りたくなかった。。。なんて噂も。

信じるか信じないかはあなた次第。。  決まった!!


---------------------------------------------------------------------


東京都世田谷区のGUARANTEE株式会社は、三軒茶屋の建築内装屋です。

インスタやってます。

https://www.instagram.com/guarantee.tokyo/

法人様・個人様を問わずオフィス移転やレイアウト変更。

各種内装仕上工事、設備工事。電気工事。

家具の組み立てやお部屋の模様替え等、

さまざまなご要望に柔軟対応しておりますので、

お困りの際はぜひご相談いただければ幸いです